二人の男の子は売り子だった

幼い物売り
ミャンマーでヤンゴンからピイへ移動している途中で撮影
関連する写真

ヤンゴンから乗ったバスは数時間くらい北上すると、食事休憩のためにとある町に停車した。小さな町で名前は分からない。他の乗客に倣ってバスを降りと、みなは続々と幹線道路脇の食堂の中に消えていく。僕もそそくさと食堂の中へと入っていく。

そんな状況の中で、バスの周囲には子どもたちが集まり始めていた。この子たちは長距離バスに乗って来た乗客を目当てにした物売りなのだ。どの子も籠を持っていて、乗客相手にうずらの卵を売ろうと企んでいる。普通のゆで卵ならいざしらず、茹でてあるのかもわからないうずらの卵には申し訳ないけれど、あまり興味は湧いてこなかった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2010年8月 ミャンマー 人びと
行商人 こども

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

4512

撮影年月

2010年3月

投稿日

2010年08月28日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

? / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

ピイってどこ?

PREV & NEXT