男の子は両手にゆで卵を持って、手際良く殻をむいていた

殻を剝く男の子
インドのベルハンポルで撮影
関連する写真

そのレストランは結構混んでいた。評判の店なのかもしれない。店先に目をやると、そこには沢山の瓶や盥が置かれていた。その中にひとりの男の子がしゃがんでいた。男の子はそこで働いているのだった。

盥の中に山盛りになっている茹で卵を、男の子は一心不乱に剥いている。僕が近づいていくと、男の子は僕に気がついた。カメラを見た男の子は恥ずかしがっていたけれど、殻を剥く手を止めることはない。あまりにも剥かなければならない卵の数が多いので、見知らぬ外国人と戯れているような暇はないようだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年3月 インド 人びと
ベルハンポル 男の子 剥く レストラン
ベルハンポルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6278

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年03月23日

更新日

2020年06月10日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

ベルハンポルってどこ?

PREV & NEXT