チャイナタウンに出ていた屋台で男がロティと呼ばれるタイ風クレープを作っていた

照れ笑いをする屋台の男
タイのバンコクにあるチャイナタウンで撮影
関連する写真

市場のようにゴチャゴチャしていた通りを抜けて、バンコクチャイナタウンに伸びる他の道へと入っていった。こちらは打って変わって混んでいない。落ち着いた雰囲気の通りだった。歩くのに丁度いい。

道の端には幾つか屋台が出ていた。歩行者の数は少ないものの、それなりに人通りがあるのだろう。写真の男はそんな落ち着いた雰囲気の道に屋台を出していたひとりだ。

道路脇に鉄板の付いたワゴンを出した男は、そこでタイ風のクレープを販売していた。タイ風のクレープはロティと言う。ロティというとインドカレーを食べる時に出てくるものを想像してしまうけれど、ここでは甘いお菓子だ。同じ名前で呼ばれるくらいだから、もともとは同じものなのだろう。

ワゴンの上には生卵とバナナが置いてあるのが見える。男は耳にイヤフォンを付けて楽しげに働いていた。僕はその楽しげな雰囲気に惹かれて近づいていく。音楽を聞きながら働いているとは言え、すぐ近くまでよると男は僕に気が付いた。自分にカメラが向いていることに。

ここはそれなりに人通りがある場所で男の仕事は通りすがりの人に軽食を販売することだけど、通りすがりの人間にカメラを向けられるなんてことはあまりないのだろう。カメラを見つけた男は照れ笑いを始めた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2020年1月 人びと タイ
バンコク 恥ずかしがり屋 イヤホン 食べ物の屋台 鉄板 お菓子・軽食
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11374

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月26日

更新日

2021年11月18日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

バンコクにあるチャイナタウンってどこ?

PREV & NEXT