仏像の前で熟睡する男

仏像の前で熟睡する男
タイのバンコクにあるワット・スタットで撮影 オザワテツ

男が仏像の前で熟睡していた

ワット・スタットの礼拝堂を囲む回廊には黄金に輝く仏像が幾つも並んでいた。どれもこれも同じ形をしているように見える。大きな福耳をしていて、特徴的な髪型をしているのだ。頭の上の塔のようなものは宝髻というもので、何かを載せている訳ではなく、髪型の一部らしい。そして、これがあるということは、これらの仏像は菩薩であることを意味している。菩薩はボーディ・サットヴァの音写で、悟りを求める衆生を意味するのだという。如来が悟りを開いているのに対して、菩薩はまだ悟りを開いておらず修行中の身であるのだ。

回廊の地べたは石でできているから涼しいようで、男が寝転がって熟睡していた。仏像の前だからといって、姿勢を正そうなんていう意志は微塵も感じられない。お腹を出して豪快に寝ていた。仏像に対して失礼ではないかとも思うのだけれど、それでも仏像は怒ることもなく男を静かに見詰めている。修行中の身でありながら、人びとを救うためにやって来た菩薩の視線は思いの外冷たいように見えたのは気のせいだろうか。

EN

ワット・スタットってどこ?

PHOTO DATA

No

10419

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月20日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ