茅葺屋根の民家の横にある坂を傘を差した人が下っていた

古民家の間の坂を歩く傘を差した人
神奈川の川崎にある日本民家園で撮影
関連する写真

何棟も古民家が建てられている川崎にある日本民家園は歩くと楽しい。ここはいわゆる屋外博物館なのだけれど、とりあえず保存管理している建物を展示しています、といった印象を受けない。来訪者が本当の集落にやって来たと思えるようになっているのだ。

もちろん移築された古民家は、それぞれ出自が異なっている。農家の居宅だったものもあれば、網元の居宅だったものもあり、養蚕家が住んでいた合掌造りの古民家や沖永良部島で使われていた高倉まで建っている。

建物同士にあまり関係性がないのに、敷地内に本物の集落らしさが漂っているのは地形が重要な働きをしているように思う。敷地は起伏が多く、すぐ近くに建っている古民家が視界に入りづらい。そのため古民家はそれぞれ別の集落に建っているような印象を受けるのだ。

起伏がいい効果をもたらしている反面、坂を登ったり下ったり、トンネルを抜けたりと歩くのはちょっと大変かも。坂の上から古民家の脇にある別のを眺めていたら、を差した人が下っているのが見えた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2021年10月 町角 神奈川
川崎 屋根 坂道

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12070

撮影年月

2021年4月

投稿日

2021年10月25日

更新日

2021年11月10日

撮影場所

川崎 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本民家園ってどこ?

PREV & NEXT