旧日立航空機立川工場変電所の壁に今でも残る銃痕は生々しい

旧日立航空機立川工場変電所
旧日立航空機立川工場変電所に残る銃痕
関連する写真

ベルリンに空襲で破壊された旧教会堂の廃墟を戦災記念碑として残したカイザー・ヴィルヘルム記念教会があるのに対し、同じように第二次世界大戦で空襲された東京には戦争の被害を後世に伝えるような破壊された建造物が保存されていないような気がする。広島の原爆ドームに相当するものが存在せず、写真では東京大空襲で一面焼け野原にされた東京の姿が残っているものの、実際の痕跡は綺麗に拭われてしまって意識して探さないと目には入ってこないのだ。

そのような中、東大和市にある旧日立航空機立川工場変電所は戦争の痕跡が分かりやすく残っている数少ない建造物だ。東大和南公園に建つ飾り気のないコンクリート製の建造物の表面にはびっしりと弾痕が残っている。第二次世界大戦当時、この変電所は軍用航空機や航空機用エンジンの製造を行っていた日立航空機の工場内にあり、その結果アメリカ軍からの機銃掃射を受ける羽目になったのだ。そこかしこに残っている銃痕はあまりにも生々しくて、平和な時代に生まれ育った人間が見ると映画のセットなのではないかと思ってしまうくらい生々しい。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年8月 建築 東京
東大和

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12353

撮影年月

2022年6月

投稿日

2022年08月20日

撮影場所

東大和 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

旧日立航空機立川工場変電所ってどこ?

PREV & NEXT