五稜郭タワーの展望室から眺めると五稜郭の造形がよくわかる

五稜郭タワーの展望室
五稜郭タワーの展望室
似ている写真 撮影地

函館にある五稜郭はつくづく罪な観光名所だと思う。五稜郭は一連の戊辰戦争の中で最後の戦争である箱館戦争の舞台という歴史的価値がある以上にその形状がかっこいい。日本の伝統的な城郭と違って、近世ヨーロッパ式城郭の特徴である防御側の死角が少ない五稜星形をしているのだ。しかしながら、その造形は地面を這いつくばっているだけで堪能できない。堀を越えて五稜郭の中をいくら散策しても再建された箱館奉行所が建っているだけで、五稜郭のハイライトである特徴的な城郭の造形を体感するのは難しい。つまり五稜郭自体を訪れるだけでは、五稜星形しているのかどうかが分かりづらいのだ。

そのため横に五稜郭の形を上空から眺められるように五稜郭タワーという有料の展望塔が建っている。これが僕が罪だと思うゆえんだ。五稜郭自体の中を歩くだけなら無料なのに、五稜郭の造形を自らの目で感じようとするとお金がかかる仕組みになっているのだ。なんだか本体は無料なのに、楽しむためには有料オプションを購入する羽目になるスマホゲームと似ているような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年10月 北海道 町角
函館 シルエット

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12381

撮影年月

2022年6月

投稿日

2022年10月03日

撮影場所

函館 / 北海道

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

五稜郭タワーってどこ?

PREV & NEXT