カーテンの掛けられた起雲閣の洋館の窓の外に日本庭園が広がっていた

起雲閣の窓
起雲閣の窓
関連する写真

熱海市はいい買い物をしたと思う。何をかって?それはもう起雲閣に決まっているでしょう。もともとは海運業で財を成した内田信也の別邸として築かれ、三菱財閥の岩崎別荘、今はなき住友別荘と並び、熱海の三大別荘と賞賛されたもの。1947年に金沢でホテル業を営んでいた桜井兵五郎に買い取られて以降は起雲閣という旅館だったところだ。

旅館になってからの起雲閣は熱海を代表する宿となり、山本有三や志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など日本を代表する文豪たちが度々宿泊したという。太宰治が人間失格を執筆したのも、ここ起雲閣の大鳳の間だそうだ。そのような由緒ある起雲閣も1990年代末期には経営が行き詰まり、2000年には熱海市が購入することになる。その結果、文化資産が保存され観光資源になったのだからいい買い物だったのではなかろうか。

起雲閣という名称と旅館であったという歴史から敷地に建つ建物は日本建築だけのようなイメージを持ってしまうかもしれない。実際には2代目所有者だった根津嘉一郎(根津美術館はこの人のコレクションを保存・展示するために造られた)によって建てられた洋館も建っている。写真はその洋館の越しに外を眺めたところだ。洋館だからカーテンが掛けられているものの、外に広がるのは枝ぶりのいいもある日本庭園だった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2021年12月 建築 静岡
熱海 カーテン

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12122

撮影年月

2021年10月

投稿日

2021年12月16日

更新日

2022年06月20日

撮影場所

熱海 / 静岡

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR III

起雲閣ってどこ?

PREV & NEXT