一足先に再開発を終えたスクランブルスクエアとヒカリエを結ぶ廊下は人びとで賑わっていた

スクランブルスクエアとヒカリエを結ぶ廊下
スクランブルスクエアとヒカリエを結ぶ廊下
関連する写真

渋谷駅周辺の再開発が終わらない。あちらの工事が終わったと思ったら、こちらの工事が始まり、一段落したのかと思いきや、今度は桜丘の辺りを懸命に工事している。セルリアンタワーがそびえていたものの、青山通りを横断しなければ行けない地味なイメージだった桜丘も、2023年に再開発工事が完了すればすっかり変わってしまうのかもしれない。

渋谷駅周辺でひっきりなしに工事が行われていたのは、たまたま工事が重なったわけではない。青写真をもとに裏で糸を引いている大きな存在があるのだ。そのグランドデザインを描いているのは東急グループ。渋谷を拠点にしているグループが、自らのホームグラウンドをもっと魅力的な街にすべく資金を投下しているから、駅前で大規模再開発が行われているのだ。

東急グループの実施している再開発は「『エンタテイメントシティ SHIBUYA』を実現し、渋谷を『日本一訪れたい街』にすること」をコンセプトとし、Greater SHIBUYAの魅力を街づくりを通して向上させるものだそうだ。企業のビジョンには分かるようで分からない言葉がよく出てくるけれど、ここでも「エンタテイメントシティ」とか「Greater SHIBUYA」という言葉が出てきて煙に巻かれたような気分になってしまう。ふんわりイメージできても、実際のところ良く分からないのだ。よくよく読むとGreater SHIBUYAとは渋谷駅から半径2.5キロ圏内を指すらしい。その中には青山恵比寿代官山が含まれている。回りくどい言い回しをしているけれど、再開発の結果、渋谷もそんな高級イメージのある街に仲間入りしたいというワナビー宣言なのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年8月 町角 東京
廊下 渋谷
渋谷で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12347

撮影年月

2022年5月

投稿日

2022年08月10日

撮影場所

渋谷 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

渋谷駅ってどこ?

PREV & NEXT