麟祥院にある春日局の墓所には立派な石灯籠が建っている

麟祥院の石灯籠
麟祥院の石灯籠
関連する写真

「本郷もかねやすまでは江戸のうち」と川柳で詠まれた「かねやす」が本郷三丁目の交差点に建っているのを考えると、詠まれた当時の江戸は今の東京と比べるととても狭い。江戸城の本丸から、かねやすまでの距離はわずか2キロほど。想像していたよりもずっと江戸の範囲は狭い。

かねやすまでが江戸だとすると、今となっては東京の真ん中にあるような気がする不忍池はもちろんのこと、東大の本郷キャンパスも江戸の外になるし、この日に訪れた不忍池と本郷キャンパスの間に建つ麟祥院という寺院も江戸の外ということになる。

この麟祥院には有名人のお墓があるものの、その存在は地味だ。僕が訪れたときも参拝客の姿はほとんどなかった。穏やかな境内で本堂を横切って墓地の中に入っていくと、ひときわ立派な墓所が建っている。塀で囲まれたような墓所の主は春日局。そう麟祥院には江戸幕府の第3代将軍・徳川家光の乳母である春日局のお墓があるのだ。

有名人のお墓であるにもかかわらず、お参りする人があまりいないのは春日局のお墓にお参りしたところで何のご利益があるのかはっきりしないからではないだろうか。例えば、義賊として伝説化した鼠小僧がなかなか捕まらなかったことから、勝負運や金運があると信じられているのに対し、春日局のご利益は何なのかわからないのだ。歴史に名を残し、400年後の人間にも名を覚えられているような人物なのに、プロデュースの仕方が悪かったとしか考えられない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年8月 静物 東京
墓地 寺院 湯島
湯島で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12349

撮影年月

2022年6月

投稿日

2022年08月12日

更新日

2022年08月14日

撮影場所

湯島 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

麟祥院ってどこ?

PREV & NEXT