墓地の中のサムズアップ

墓地で親指を立てる男
タイのバンコクにあるマハナック墓地で撮影 オザワテツ

男は墓地の真ん中に腰を下ろしていた

町をウロウロとしている間に見つけた墓地の中にいた。別に墓地というものが好きな訳ではない。脇を歩いていたら、墓地の中にいた男たちに声を掛けられたから中に入ったのだった。仏教徒が大多数を占めるバンコクで、墓地を目にするのは珍しい。本来の仏教の教えでは、人は死んだら輪廻転生するから墓地は作らないのだ。お墓を作ることは現世への執着を表しているものに過ぎないらしい。そう、ここは仏教徒のお墓ではない。イスラム教徒のお墓なのだ。いずれにしても、宗教によってお墓に対する考え方が違って興味深い。

声を掛けてきた男たちは墓地で穴を掘っていた。コミュニティに属する誰かが亡くなったのだろう。人力でシャベルを使って深い穴を掘るのは難儀なことだから、二人で交代しながら掘っている。写真の男はちょうど休んでいて、もうひとりの男が掘る順番だった。男は墓地の真ん中にどっしりと腰を下ろして、同僚が掘っているのを見ている。周囲には幾つもの墓標が地面から突き出ていた。シンプルな墓標ばかりだ。名前が書いてあるのかさえ、よく分からない。男にカメラを向けると、笑顔で親指を立ててくれた。

EN

マハナック墓地ってどこ?

PHOTO DATA

No

10688

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年08月12日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA