碑文谷八幡の舞台と男の子

舞台に見入っている男の子
東京の碑文谷八幡宮で撮影 オザワテツ

男の子は食い入るように舞台に見入っていた

碑文谷八幡宮の参道を進んで社殿のある場所に近づいていた。参道はまるで有名な神社仏閣の初詣に訪れたかのように混雑している。すると、社殿近くに建っている舞台に電気が点いていた。この舞台に灯りが灯されているのを見たのは初めてだった。舞台の上では民俗芸能が演じられていたのだった。

何の演目が演じられていたのかは分からない。面を被ったふたりの男が舞台の中央に立っていて、袖にいる人びとは楽器を演奏している。見たところ、演者は釣り竿について語り合っているようだ。おそらくは、正直者の爺さんが使ってうまいこと行った釣り竿を、性格の悪い爺さんが使っても何も良いことが起きない、むしろ何か悪いものを釣り上げてしまうといった寓話的な演目のようだ。

いずれにしても、このような民俗芸能がお祭りで演じられているのにちょっど驚いた。それに観客の数も結構いる。舞台だけを目当てにしているのではないのだろうけれど、舞台の前に置かれた椅子は全部埋まっている。写真の男の子にいたっては、椅子に座って観るだけでは飽きたらないようで、舞台に近づいて食い入るように舞台に見入っていた。

EN

碑文谷八幡宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

11319

撮影年月

2019年9月

投稿日

2019年12月12日

撮影場所

碑文谷 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ