仁政門の向こうに仁政殿が見えた

昌徳宮の仁政門
韓国のソウルにある昌徳宮で撮影
関連する写真

ソウル市内にある昌徳宮は600年続いた李氏朝鮮王朝の宮殿だったところだ。もともとはすぐ近くにある景福宮の離宮として建設されたものの、正宮である景福宮が焼失すると19世紀後半まで正宮として使用されていたのだという。今ではユネスコの世界遺産に指定されている。

写真の手前に写っている大きな門は仁政門。の向こうには仁政殿が見える。仁政殿はかつてここが正宮だったころに王が政務を執った場所、つまり政治の中心だったところだ。往時はここで様々な思惑が交錯していたのだろうけれど、今はどこにも思惑が漂っていなかった。至って穏やかな空気が漂っている。

ENGLISH
2008年10月 建築 韓国
お堂・ホール 宮殿 ソウル 扁額 世界遺産
ソウルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

2098

撮影年月

2008年6月

投稿日

2008年10月13日

更新日

2021年10月05日

撮影場所

ソウル / 韓国

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ソウルにある昌徳宮ってどこ?

Prev & Next