境内のピンク色の帽子

列をなす参拝客
東京の白金台にある覚林寺で撮影 オザワテツ

大勢の参拝客が本堂の前に列をなしていた

覚林寺は日蓮宗の寺院だけれど、加藤清正の位牌や像も祀られている。かつて、この辺りは肥後熊本藩細川家の中屋敷だった関係で祀られているようだ。境内には大勢の参拝客が訪れていた。この日はちょうど清正公大祭の日だった。清正公像が開帳され、参拝客には勝守りが授けられる。境内には多くの屋台が立ち並んでいて、本堂の前には行列が出来ていた。

行列の中にはひとりの女の子が立っているのが見えた。傘を差したお母さんと一緒に並んでいる。列はなかなか前に進まないから、女の子はちょっと並ぶのに飽きてしまっているようだった。左の方を険しい顔で眺めていた。

EN

覚林寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

10289

撮影年月

2017年5月

投稿日

2017年09月22日

撮影場所

白金台 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA