東屋に見えたカップルのシルエット

東屋に見えたカップルのシルエット
東京の白金台にある八芳園で撮影 オザワテツ

八芳園の池の畔にある東屋にカップルが仲良くやって来ていた

八芳園という名は「四方八方どこを見ても美しい」という意味が込められているのだという。その名の通り、この結婚式場にある日本庭園は手入れが行き届いていて美しい。庭園の中心には池が設けられていて、周囲には小径が張り巡らされている。僕はのんびりとした気分で散歩をしていた。そうして池の畔に立っている東屋のところへとやって来たのだった。

ちょっと離れたところから東屋を眺めていると、僕と同じようにのんびりと散策していたカップルが現れた。ふたりの距離感はどこかぎこちない。まだそれほど親密な関係ではないのかもしれない。いずれにしても、ふたりのシルエットは日光の中に綺麗に浮かび上がっていた。

EN

八芳園とは

八芳園(はっぽうえん)とは東京都港区白金台に所在する、1万2000坪の敷地内に庭園のあるレストラン・結婚式場である。明治学院大学、シェラトン都ホテル東京と近接している。庭園の名称は「四方八方どこを見ても美しい」に由来する。江戸時代前期には譜代の江戸幕府旗本・大久保忠教(彦左衛門)の屋敷(但し、現在の園全域ではなく一部が彦左衛門の屋敷地)であったが、その後薩摩藩の抱屋敷、島津氏(松平薩摩守)の下屋敷を経て、明治時代に渋沢喜作の手に渡る。1915年(大正4年)、実業家・久原房之助邸宅時に現在の建物と庭園が整備された。戦後久原(当時公職追放中)は、銀座や築地で...

八芳園への行き方

八芳園の最寄りの駅は、東京メトロ南北線・都営三田線の白金台駅だ。2番出口から地上に出るのが一番近い。目黒通りを横断すれば八芳園はすぐそこだ。

八芳園ってどこ?

PHOTO DATA

No

9857

撮影年月

2016年5月

投稿日

2016年08月31日

撮影場所

白金台 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ