増上寺の三解脱門の前に鮮やかな緑色のハコスカが一時停止していた

増上寺の三解脱門とレトロな車
三解脱門の前に停まったハコスカ
関連する写真

通りの向かいから増上寺の立派な三解脱門を眺めていると、目の前に鮮やかな緑の自動車が停まった。右折するために一時停止したレトロな車をよく見ると古いスカイラインだった。これが世にいうハコスカなのだろうか。

ハコスカとは3代目の日産スカイラインのこと。角ばったボディの形から箱のようなスカイラインという意味でハコスカと呼ばれていたらしい。販売されていたのは1968年から1972年の間というからもう半世紀も前に売られていた車だ。

目の前にある緑のハコスカと思しき車がこれまでどれくらいの距離を走ったのかはわからない。いずれにせよ今でも現役で走っているなんて歴代のオーナーに大切に扱われてきたに違いない。

別の観点から考えてみると、細かな点では色々と進化しているものの、自動車は半世紀前と大きく変わっていないということだ。自動車は今も昔も内燃機関から取り出した機械エネルギーで地上を走っている。1989年に封切りされた「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」で描かれた2015年の世界では自動車が空を飛んでいたけれど、現実の2022年ではまだ地上を走っている。飛び立つにはまだまだ助走が必要なのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年2月 東京 乗り物
自動車

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12172

撮影年月

2021年12月

投稿日

2022年02月10日

更新日

2022年04月01日

撮影場所

芝 / 東京

ジャンル

自動車写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

増上寺ってどこ?

PREV & NEXT