緑色の液体を売る男

緑色の液体を売る男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

男はジャカルタの忙しい道路の脇で緑色の液体を売っていた

ジャカルタで交通量の多い通りを歩いていた。多くの自動車が走っていて騒々しい。でも、その騒々しさが東南アジアらしくもある。そして、その騒々しさは活気のある証でもあるのだ。

歩道を進んでいくと、端に台を出して商売をしている男がいた。台の上にはガラス瓶がいくつも置かれていて、どの瓶にも緑色の液体が入っている。なんだかSFに出てくる宇宙人の血液のように鮮やかな緑色だ。これはおそらく軽油だ。つまり、この男はガラス瓶に軽油を入れて道端で売っているのだ。沸点範囲は180℃から350 ℃ 程度というから、いくら暑いインドネシアの町でも自然発火することはないのだろう。でも、なんだか危なっかしい気がする。

よく見ると、男の出している台には色々と宣伝文句が書いてある。「TAMBEL BAN」とはタイヤ修理のことで、「PERTALITE」とはガソリンの規格だ。オクタン価が90以上のものをインドネシアではPERTALITEと言うらしい。この男は交通量の多い道路脇で、軽油も売れば、ガソリンも売り、タイヤの修理もやっているのだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11667

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月13日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ