金網の向こうにいた女の子

金網により掛かる女の子
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

ふたりの女の子が金網に寄りかかってダラダラとしていた

ヤンゴン中心部を歩いていたら、ふたりの女の子がいた。ふたりは金網によりかかりながらおしゃべりしていた。仲良くおしゃべりしているのだから、友達なのだろうけれど、先祖の出身地はそれぞれ違うように見える。左側に見える女の子はビルマ族のように見えるけれど、右側の女の子はインド系に見える。そうなのだ。イギリスの植民地だったミャンマーには、思いの外インド系の人が住んでいる。

右側のヘアバンドをした女の子の頬にはタナカが塗られていた。カメラを向けると、左側の女の子はカメラを見てくれたけれど、タナカを塗った女の子は、全く興味がないといった感じで視線を逸らしてしまった。

ENGLISH

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

4620

撮影年月

2010年3月

投稿日

2010年09月24日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR DIGITAL