旧台徳院霊廟惣門の向こうに見える人影

門の向こうに見える人影

旧台徳院霊廟惣門の向こうに人影が見えた

東京の芝公園で撮影。

芝公園の横を歩いていると、立派な門が建っていた。旧台徳院霊廟惣門だ。台徳院とは二代将軍徳川秀忠の法名で、その名が示す通り、かつてはここに秀忠の霊廟があったのだ。霊廟は壮大な規模を持ち、江戸時代初期を代表する建造物群だったようだけれど、残念ながら戦争で焼失してしまって一部しか残っていない。旧台徳院霊廟惣門は戦災を免れた貴重な建造物だ。

門は開放されていて誰でも通り抜けられるようになっている。しかしながら、霊廟の入り口だから昔は通り抜けて中に入っていける人は限られていたのだろう。時は流れて、霊廟はなくなり、今ではフリーパスだ。霊廟だった敷地は芝公園とザ・プリンスパークタワー東京の敷地になっている。

門の向こうには緩やかな階段が伸びているのが見えた。そして、階段の上には人影が見える。二人の人影は奥の方に進んでいる。そのまま歩いていけば、すぐにザ・プリンス パークタワー東京の入り口にたどり着いてしまうことだろう。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

旧台徳院霊廟惣門ってどこ?

PHOTO DATA

No

10265

撮影年月

2017年4月

投稿日

2017年08月30日

撮影場所

芝 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF24MM F1.4L USM

アーカイブ