腕時計をした男の子

腕時計をした男の子
ミャンマーのヤンゴンにあるインセイン郡区で撮影 オザワテツ

男の子は駐車してあった車の上で遊んでいた

住宅街の中を歩いていると、道路脇に車が止られていた。車の上では緑のシャツを着た男の子が遊んでいる。朗らかな男の子はカメラを向けると、にこやかに笑ってくれた。大きく開けた口の中には青い物体が見える。ガムを噛んでいるようだ。腕に目を向けるとごつい腕時計をしている。シャツも綺麗だし、腕時計もしているし、この男の子はいいところの子なのかもしれない。

僕も腕時計を持ち歩いているけれど、腕にはしていない。海外、特に東南アジアや南アジアを旅する時には腕から外して町を歩くことにしている。腕にしたまま歩いていると、いろいろと面倒なのだ。地元の人が僕の腕時計を見ていろいろと言ってくる。ストレートにくれと言ってくる人もいれば、売ってくれと言ってくる人もいるし、安物の時計と交換しようと言ってくる人もいるのだ。その度に対応するのは、面白いけれど面倒でもある。それなら、いっそのことくれてやればいいと思うかもしれないけれど、腕時計がないと不便だからそれもできない。そのため、僕は腕時計を腕ではなくベルトを通す穴にはめて、人から見えないようにして歩くのを常にしているのだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

インセインってどこ?

PHOTO DATA

No

10931

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年03月12日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ