ジャワ島の水田地帯

ジャワ島の水田
インドネシアのカラワン県で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

気がついたら車窓の外には水を湛えた水田が広がっていた

荒れてしまったように見える畑ばかりが続いていたと思っていたのに、気がついたらいつの間にか畑はどこにも見当たらず車窓の外には水田が広がっていた。どの田んぼにも水が張られていて、青々とした稲が植えられていた。この写真を撮影したのは1月の終わりだ。日本では一般的に4月から6月くらいが田植えのシーズンだけれど、ここインドネシアのジャワ島における田植えのシーズンは1月のようだ。もっとも1月と言っても、赤道に近いこの国では暖かい。

そういえば、同じように1月に訪れたラオス北部でも田んぼには水が張られて田植えが行われていた。暖かい東南アジアでは1月がちょうど田植えのシーズンなのだろう。そもそも東南アジアでは日本と違って二期作で米を収穫するのも珍しくなく、フィリピンのルソン島では三期作さえも可能だという話を聞いたこともある。

日本人が集団主義的であるのは、農耕民族で共同作業が多いからなんて言われることもあるけれど、東南アジアで二期作、三期作される田んぼを眺めていると、農耕民族と言うだけで集団主義的になるとはちょっと信じがたい。

ENGLISH
2020年12月 インドネシア 風景
カラワン県 田んぼ

カワラン県ってどこ?

PHOTO DATA

No

11771

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年12月26日

撮影場所

カラワン県 / インドネシア

ジャンル

風景写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ