水玉模様の売店

水玉模様の売店
タイのバンコクにあるチャトゥチャック市場で撮影 オザワテツ

広い市場の幅の広い通路の真ん中に赤い水玉模様のお店がポツンと建っていた

チャトゥチャック市場の真ん中には幅の広い通路が伸びていた。買い物客たちがのんびりと歩いている。この市場は商品ごとに区画分けがなされていて、この通路は区画分けの境界線のひとつだ。僕ものんびりと通路を歩いていると、先に水玉模様の大きなものが見えた。ただでさえ真っ赤な物体は通路の中で目立つのに、水玉模様までが施されている。異彩を放っているのだ。

その派手な外観とは裏腹に、それは単にスナックや飲み物を売る売店だった。大勢の人が訪れる市場にはこのような売店も必要だろう。この売店で飲み物やお菓子を買って、近くのベンチで休んでいる人も多い。ここには8000くらいの店舗があるというから、何も買わずとも見て回るだけでも疲れてしまうに違いない。

売店の裏側から近づいていった。裏口は無防備に開いていて、中にジュースの缶やスナック菓子が置かれているのが見える。そして、売店の向こう側にマスクをした女性がいるのもカウンター越しに見えた。

EN
SHARE ON SNS 😃

チャトチャック市場とは

チャトチャック・ウィークエンド・マーケットは、タイのバンコク・チャトゥチャック区にある市場。1982年設立。 チャトチャック・ウィークエンド・マーケットはタイで最も大きい市場で、おそらく世界最大。 敷地面積は1.13 km²と広大で、15000以上の屋台が軒を連ねる。毎日、20万人~30万人が訪れる。多くの店はその名の通り土・日のみの営業。 売られている物は、日用雑貨、衣類、民芸品、宗教的な芸術作品、種々のコレクション、食品、ペットなど実にさまざま。 JJモールや一部のショップは、土日以外も営業している。

チャトゥチャック市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11385

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月02日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ