本堂の入り口に居座るフクロウ

建長寺で見かけたフクロウの木彫りの像
鎌倉にある建長寺で撮影 オザワテツ

建長寺の本堂の入り口にはフクロウが居座っていた

大抵の場合、神社仏閣の境内には猛々しい像が設置されている。これは神聖なる境内に邪悪なものが入ってこないようにするためだ。もし、護っているものが弱々しいものだったら、邪悪なものも境内に入ってくるのに躊躇しないだろう。

そんな一般論とは違って、建長寺の本堂の入り口に置かれている像は可愛らしいものだった。小さなフクロウの像が置かれているのだ。とても、本堂に安置されている地蔵菩薩坐像を護っているようには見えない。中の坐像には目を向けず、ずっと首を傾げてそっぽ向いたままだった。

EN

建長寺にいるフクロウ

薄々感じていたけれど、やはり建長寺にあるフクロウの像の役目は金剛力士などの護法善神とはちょっと異なっていた。仏法や仏教徒を守るためではなく、建物や像を鳩から守るために置かれているのだそうだ。まあ、守っているのは同じなのだけれど、敵が特定されているのだ。

建長寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

9853

撮影年月

2016年5月

投稿日

2016年08月27日

撮影場所

建長寺 / 神奈川

ジャンル

静物写真

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ