摩利支天には顔が3つあった

摩利支天の石像
神奈川の鎌倉にある八雲神社で撮影
関連する写真

小さな境内の片隅に石像が並んでいた。写真のその中のひとつだ。どうやら仏教の守護神である摩利支天のようだ。陽炎を神格化したもので、武士の間に摩利支天信仰があったらしい。冷静になって考えるとここは神社の境内なのだけれど、それはこの際どうでもいいことなのだろう。

この摩利支天像は三面六臂だった。それに太い眉毛をしている。眉毛の形が個性的なので、顔立ちもどことなくコミカルになっている。現代のアニメに登場するキャラクターのようだ。漫画の精神は昔からあったのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2006年9月 神奈川 静物
鎌倉 神社
鎌倉で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

542

撮影年月

2006年7月

投稿日

2006年09月14日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

鎌倉 / 神奈川

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

鎌倉にある八雲神社ってどこ?

PREV & NEXT