階段の上に門が見えた

緩やかな坂の上にある門

鎌倉にある建長寺で撮影

関連する写真

建長寺の境内は広い。そして、あちらこちらに塔頭がある。塔頭とは弟子が師の徳を慕い、寺院に内に建てた小さな院のことを指す。ここ建長寺には12もの塔頭があるのだそうだ。境内を歩き回っていると、緩やかな階段の場所にやって来た。階段の先には小さな門が建っているのが見える。

これも正統院という名の塔頭の入り口だ。正統院は第十四世高峰顕日という高僧の塔所なのだという。後嵯峨天皇の第二皇子だというから、鎌倉時代の人物なのだろう。いずれにせよ、綺羅びやかな京から、東武士のいる坂東にやってっくるというのは、どんな気分なのだろう。やはり左遷されてた気分なのだろうか。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2016年8月 町角 神奈川
鎌倉 階段 寺院
鎌倉で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9854

撮影年月

2016年5月

投稿日

2016年08月28日

更新日

2020年04月20日

撮影場所

建長寺 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

建長寺ってどこ?

Prev & Next