トライショーが広場で客待ちしていた

オランダ広場に立つ時計塔
マレーシアのマラッカで撮影
関連する写真

四角い時計台がオランダ広場に一角に立っていた。1886年にプラナカン豪商によって建てられたこの時計台には、当初英国製の時計が備え付けられていたらしい。それが1982年の改修時に今のセイコー社製のものに取り替えられたのだという。

オランダ広場(スタダイス広場)はマラッカ随一の観光名所だ。大勢の観光客がここを訪れるし、大勢の地元の人がここで観光客相手の商売をしている。トライショーもその一派だ。時計台の近くでは傘を付けて派手に飾られたトライショーが何台も客待ちをしていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年5月 建築 マレーシア
時計 時計塔 マラッカ トライショー
マラッカで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8550

撮影年月

2008年12月

投稿日

2014年05月26日

更新日

2020年10月09日

撮影場所

マラッカ / マレーシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

マラッカにあるオランダ広場ってどこ?

PREV & NEXT