皿を片手に路地を歩く女

皿を片手に路地を歩く女
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

モスク前の路地を皿を手にした女性が歩いていた

集団礼拝にやってきた男たちを目当てにしているのだろうか。集団礼拝が行われていたモスクの前には食べ物の屋台が幾つも出ていた。真剣に礼拝すると小腹が減るのかどうかはわからない。でも、疲れて思わず何かを買ってしまう人は多いのかもしれない。

しかしながら、モスクの前にいる僕にも、何を話しているかは分からないけれど、説法のようなものが聞こえてきていて、中では集団礼拝がまだ続いていた。中座してモスクから出てくる人もいない。屋台で何かを買おうとする人は皆無だった。屋台を営んでいる女性たちは暇そうだ。

閑散とした屋台の間を抜けるように歩いていると、向こうから女性が歩いてきた。女性は集団礼拝に参加する義務はないとはいえ、この女性はヒジャブで髪を隠すこともなく、皿を手に持って歩いている。なんだか食事しながら歩いているかのようだった。

モスクの中で金曜日の集団礼拝が行われている一方で、そのすぐ前の路地には料理の載った皿を持つ女性が歩いていた。モスクの前では聖なる空間と俗世界が隣り合わせになっていた。

ENGLISH

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11858

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年03月27日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る