南元町にある出羽坂

新宿区南元町にある出羽坂
東京の新宿で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

誰もいない出羽坂は素知らぬ顔で信濃町へ向かって伸びていた

スラムと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、映画スラムドック・ミリオネアの舞台にもなったインドムンバイにあるダラビやフィリピンにあるスモーキー・マウンテンかもしれない。確かにスラムと聞いて連想するような貧民窟は今の東京にはない。しかし、かつては存在した。四谷駅と信濃町駅の間にあった鮫河橋がそれだ。

今のJR鮫河橋通ガードの辺りは昔から低湿地で環境が悪く、江戸時代には岡場所だったところ。明治時代になると農村から流入した貧困層が集住してスラム街が形成されたのだという。近くの市谷本村町にあった陸軍士官学校寄宿舎から出た残飯を米や菜を買うお金のない貧困層に売る商売が成り立つくらい、貧しい人びとがこの辺りに住んでいたようだ。

芝新網、下谷万年町と並んで三貧窟と呼ばれた鮫河橋も今は昔。周辺を歩いてもスラムだった名残はどこにも見当たらない。鮫河橋せきとめ稲荷のところに展示されている町の歴史だけが、かつてここがスラムだったことを公言していた。鮫河橋の谷底から伸びる出羽坂も素知らぬ顔で信濃町へ向かって緩やかに上っていた。

ENGLISH
2021年8月 町角 東京
坂道 通り 四谷

出羽坂ってどこ?

PHOTO DATA

No

11989

撮影年月

2021年1月

投稿日

2021年08月05日

更新日

2021年08月08日

撮影場所

四谷 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ