地元の人で賑わっていたバクソのお店

地元の人で賑わっていたバクソの店
インドネシアのジャカルタにあるタマン・サリ地区で撮影 オザワテツ

バクソという麺類を出す店は地元の人で賑わっていた

泊まっているホテルでちょっと休んでから、またジャカルタの町に繰り出した。太陽はとうに沈んで、道は薄暗い。お腹が減った僕は晩ご飯を食べる場所を探していたのだ。

ラヤ・マンガ・ベサール通りという大きな通りを歩いていく。道路脇には屋台がいくつも並んでいて、食堂もチラホラと見える。食べるところが無いならないで困るのだけど、いくつも選択肢があってもやはり困ってしまう。色々と食べるところがあると、かえってどこで食べたらいいのか悩んでしまうのだ。土地勘が無いので、どこがいいのかは分からない。自分の目で見た感触を頼りにするしかないのだ。

いくつか食べるところを見た結果、一番地元の人で混雑しているところを選択した。それが写真のお店だった。ここは混んでいて、地元の人に人気のお店のようだ。

お店を決めたものの、ここが何のお店なのかはよくわからない。他の客が食べているのを観察する。みな麺を食べている。どうやら、ここはバクソと呼ばれる団子上のものを麺と一緒に食べるところのようだ。

言葉が通じない中、何とかオーダーして麺が出てくるのを待つ。地元の人で賑わっているお店の人たちは、言葉ができない外国人であっても、特別扱いはしてくれない。入れ替わり立ち代わりやってくる地元の人の対応に追われている。僕はちゃんとオーダーができているか不安なまま、店の一角に放置されていた。

EN

インドネシア料理について

インドネシア料理(インドネシアりょうり)は、インドネシアの多民族文化を反映し、バリ料理(英語版)、ジャワ料理(英語版)、スンダ料理(英語版)、マカッサル料理、マナド料理(英語版)、パダン料理、バタク料理(英語版)などの各民族の料理を包含する。日本でよく知られているナシゴレンの他、インドネシアで発想された料理、サテ(sate)やルンダン(rendang)、サンバル(sambal)などはマレーシアやシンガポールでも知られているインドネシアは古くから香辛料の国として有名である。モルッカ諸島はニクズク、チョウコウ、コショウの生産地で、香辛料の島として名高かった。オランダ植民地以...

ジャカルタにあるタマン・サリ地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11591

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月04日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ