迪化街の町並み

迪化街

迪化街の両脇には低層の建物が建ち並んでいて、道の先には青空が見えた

台湾の台北にある迪化街で撮影。

豆漿で腹ごしらえをした後は迪化街へと行くことにした。ここは台北の観光名所のひとつだ。第二次世界大戦の前から残る古い町並みの中に漢方や乾物屋などを販売するお店が建ち並んでいる。中には日本ではあまり見かけないツバメの巣を売っているお店もあったりする。

すっかり繁華街になっているこの場所も、もともとは台湾先住民族であるケタガラン族の集落だったらしい。そこに中国人が住み始めたのは19世紀のことで、19世紀末に条約港のひとつであった淡水港の一部に組み込まれてから繁栄するようになったのだという。かつてはドイツとアメリカの領事館も置かれたというから、商業と政治の中心だったのだろう。

往時を偲ばせる古い建物が沢山残っている迪化街をのんびりと歩いていく。真っ直ぐに伸びる通りの両脇には低層の歴史的な建造物が立っていて、壁には幾つも看板が掛けられていた。漢字で書かれているので、なんとなく売っているものが想像できる。「茶」と書かれていれば茶を売っているし、「薬行」と書かれていれば漢方のお店だ。そして、道の上には青い空が広がっていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

台北の迪化街ってどこ?

迪化街への行き方

台北有数の観光地である迪化街には、はっきり最寄りと言い切れる台北メトロの駅は存在しない。比較的近い駅はふたつ。北の方から迪化街に向かう場合には中和新蘆線の大橋頭駅から、南からの場合には松山新店線の北門駅から向かうのが比較的近い。

PHOTO DATA

No

11258

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年10月30日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ