ビルの間のバイク

ビルに挟まれた道を走るバイク
台湾の台北にある大同区で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

窓の沢山あるビルに挟まれた道をバイクが走っていた

台北の大同区を歩いていた。この区は台北の中でも古くから開発されたところだ。保安宮孔子廟などの歴史のある寺院も残っているし、著名な観光名所である迪化街もこの区にある。しかしながら町を歩いているだけでは、その歴史を感じるのは難しい。建ち並んでいるビルは近代的というほど新しいものではなく、かといって幾星霜を思い起こさせるほど古いものでもない。中途半端に古いビルばかりだ。

この時歩いていたのも古いビルに挟まれた道だった。両脇に中層のビルが建っていて、正面にもやはり中層のビルが立ちはだかっていた。四方八方をビルに囲まれていて、歩いているとなんだか立体迷路の中を歩いている気になってくる。両脇に立つビルも、正面に立つビルもまるで迷路の壁のようだ。

このような立体迷路の中を進んでいく感覚は実験用のラットと同じなのではないかと思ってしまう。ひょっとしたら、僕も進むべき道を間違えると電気ショックを受ける羽目になってしまうのかもしれない。

ENGLISH
2019年11月 町角 台湾
建物 バイク 通り 台北

台北の大同区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11262

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月02日

更新日

2021年09月06日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

台北で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ