横断歩道を渡る人たち

一斉に横断歩道を渡る歩行者たち
東京の新宿で撮影 オザワテツ

歩行者が一斉に横断歩道を渡っていた

甲州街道に架かる歩道橋の上に立ち止まって新宿御苑の方を眺めていた。ここからは新宿御苑そのものは見えないけれど、ビルは幾つも見える。新宿には多くのビルが建っていて、東京の繁華街のひとつだ。今となっては、こここそが東京と言ってもいいかもしれない。けれどかつてこの辺は江戸の中ではなかった。四谷に設けられた大木戸が江戸の出入り口で、新宿は江戸の外に位置していたのだ。新宿はその字面に「宿」の字を含んでいることが示す通り、甲州街道の宿場町のひとつだったのだ。もっとも、江戸のすぐ外にあったので、江戸の人たちは遊びに訪れていたみたいだけど。宿場町には旅籠屋、茶屋、岡場所がつきものだ。そういう意味では新宿は昔から盛り場だったのだ。

甲州街道は空いていた。信号が赤に変わって、2台のバスが停止線のところで止まる。そして、それを待っていたかのように歩行者たちが一斉に横断歩道を渡り始める。横断歩道は瞬く間に歩行者でいっぱいになっていた。

EN

新宿ってどこ?

PHOTO DATA

No

11226

撮影年月

2019年4月

投稿日

2019年10月07日

撮影場所

新宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ