路地の奥には食堂

路地の食堂
タイのバンコクにあるポーンプラープ区で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

路地の奥にある食堂は繁盛していた

ビルとビルの間を通り抜けながら歩いていた。この辺には観光名所になっているようなものは何もない。地元の人たちが静かに日常生活を営んでいるだけだった。そんな場所を歩いていると、細い通路の先に人集りが見えた。みな一様に同じ方向を見ながら佇んでいる。一体何があるのか気になった僕はそこに近付いていくことにしたのだった。すると、そこは住宅街の一角にある小さな食堂だった。人びとの視線の先では、おばちゃんが一所懸命に鍋を振っている。

狭い場所にテーブルが置いてあって、テーブルの数よりも多くの椅子が出ている。テーブルに就いて食べている人もいれば、椅子に腰掛けて料理が出てくるのを待っている人もいる。ここで食べることも出来るし、テイクアウトも出来るようだった。それにしても賑わっている。住宅街の中を歩いていて食堂を目にすることは多いけれど、ここほど混雑している食堂はなかなかお目にかかれない。よほど地元の人に人気のお店なのだろう。残念ながら僕はお腹が減っていなかった。写真を数枚撮ると何も食べずに静かにこの場を立ち去ったのだった。

ENGLISH
2018年4月 町角 タイ
路地 バンコク 人びと レストラン

ポーンプラープ区ってどこ?

PHOTO DATA

No

10509

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年04月07日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA