ダニンゴン駅にいた人びと

ダニンゴン駅にいた人びと
ミャンマーのヤンゴン環状線にあるダニンゴン駅で撮影 オザワテツ

プラットホームは人びとで賑わっていた

駅構内には跨線橋もあるのだけれど、それを使う人は誰もいなかった。手入れもされていない跨線橋はボロボロだ。それほど頻繁に列車がやって来る訳ではないので、地元の人びとはみな歩いて線路を横断している。幾つかあるプラットホームにはそれぞれ大勢の行商人が店を開いていて露天市のようだ。人びとはあっちのプラットホームに行ったり、こっちのプラットホームに来たりと自由自在に線路を横断している。ここでは、ほとんどの時間、線路は買い物に訪れた人にとっては障害でしかないのだ。

僕はプラットホームに立って、反対側のプラットホームの様子を眺めていた。カップルが線路に足を下ろして並んで腰を下ろしている。男は欠伸をしていて眠そうだ。その背後には西瓜を売っている行商人の姿が見える。そうこうしていると、帽子を被った男が僕の目の前に現れて、当たり前のように線路を歩いて渡り始めた。小さなビジネス用のカバンしか持っていないところを見ると、男はここに何かを買い求めに訪れた訳ではないようだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ダニンゴン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10945

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年03月23日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ