コイルと男

小さな工場で働いていた男

男は道端の小さな工場で働いていた

ミャンマーのタニンで撮影。

タニンのミョーマ市場を思う存分歩き回ったので、郊外にある鉄道駅に向かうことにした。そこには8年前にも訪れたことがある。なかなか印象深い場所だったので、今回も訪れてみることにしたのだ。

市場を後にして、記憶を頼りに歩き出す。記憶によれば、駅はそれほど遠くはないはずだ。交通量の多い幹線道路を超えて、駅に続く道を進んでいく。道すがら、道路脇に小さな工場があった。あまりにも小さくて工場よりもただの小屋と言ったほうがふさわしいかもしれない。働いているのも男ひとりだけだ。屋根の下には小さなテーブルが置かれていて、眼鏡を掛けた男が裸足で仕事をしていた。テーブルの上にはコイルが巻かれたものが幾つか見える。男は機械か何かの部品を作っているようだ。でも、何を作っている最終7日は分からなかった。いずれにしても、僕が目の前に立ち止まると男は仕事の手を止めて僕を見た。男の眼鏡はずり落ちていて、鼻眼鏡のようになっていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

タニンってどこ?

PHOTO DATA

No

11028

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年05月27日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ