チャイナタウンにあるお店の裏で女性が食材をハサミで切り刻んでいた

ハサミで食材を切り刻む女性
タイのバンコクにあるチャイナタウンで撮影
関連する写真

バンコクの中華街にあるゴミゴミした通りにひっそりと中国寺院が建っていた。僕は喧騒から逃げるように境内に入った。境内はすぐ前の通りの喧騒が嘘のように静かだった。やはり寺院には静寂がよく似合うと思いきや、寺院は工事中だった。足場が組まれていて、作業員が静かに働いている。喧騒から逃れてやって来たものの、特に見るべきものを見つけられなかった僕はそそくさと外に出ることにした。

寺院ののところまで戻って来ると、脇に帽子を被った女性が椅子に腰掛けているのに気が付いた。入るときにもいたのだろうけど、その時は気が付かなかった。女性は膝の上にボウルを載せて、手にしたハサミでジョキジョキと食材を刻んでいる。黙々と切り刻んでいて、ボウルはカットされた食材でいっぱいになっていた。

ジョキジョキと単純作業を続けている女性はあまり楽しそうではなく、疲れているように見えた。ハサミを開いたり閉じたりするので疲れてしまったのだろうか。もしそうならばハサミをやめて包丁を使ったほうが良いのではなかろうか。まあ僕には見当がつかなかっただけで、ハサミを使うのにはそれなりの理由があるのだろうけれど。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2020年1月 人びと タイ
バンコク ボウル 帽子 中華街 水玉 ハサミ 裸足 女性
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11367

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月21日

更新日

2022年01月27日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクにあるチャイナタウンってどこ?

PREV & NEXT