閉塞感のある路地

壁に挟まれた狭い路地
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

高い壁に挟まれた路地には窓もほとんどなく閉塞感が漂っていた

ジャカルタでも色々な路地を歩いたけれど、今度やってきた路地は異色だった。路地のどちら側も背の高い壁になっていて生活臭は全くしない。両脇が住宅ではないだけでなく、窓さえもほとんど無い壁が続いているのだ。このように壁に挟まれた路地を歩くと実験に使われるラットの気持ちが少しだけわかったような気がした。そして、ラットを気の毒に思う。迫りくる壁に挟まりながらあるはずもない出口を求めて、来る日も来る日もこのような路地を歩かされたら発狂してしまいそうだ。

幸いにも、僕が歩いていた息苦しい路地はすぐに終わりが見えて、先には移動式屋台も置かれていた。そして、移動式屋台の向こうから女性が現れてこちらに向かって歩いてくる。このまま進んでも、出口の見つからない立体迷路に迷い込んでしまうことはなさそうだ。まあ足を踏み入れた当初から目を凝らせば路地の先に庶民の住宅が見えていたから、足を踏み入れたわけだけど。閉所恐怖症の人間であっても先に普通の住宅が見えていたら走り抜けることは可能だろう。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11759

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年12月14日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る