壁に描かれた鎌と槌

壁に描かれた鎌と槌
インドのマルダで撮影 オザワテツ

共産主義のシンボルである鎌と槌が路地の壁に描かれていた

大きな鎌と槌が住宅街の中の壁に描かれていた。赤く塗られたその組み合わせは共産主義のシンボルだ。このシンボルは町のあちらこちらで見かける。ここ西ベンガル州では共産党の力が強いようだ。

事実、ここでは共産党は州政府の政権を一時期掌握していたこともあるのだ。本家であるソビエト連邦はかなり昔に崩壊してしまっているのだけれど、ここマルダではまだ権勢を振るっているらしい。それはそれで、ここでは資本主義の矛盾が萠出していることを意味しているのかもしれない。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

マルダってどこ?

PHOTO DATA

No

6371

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年04月23日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

アーカイブ