女性が総武線の高架脇にできた影と影の間を歩いていた

総武線の高架脇を歩く女性
東京の両国で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

両国の辺りの総武線は高架を走っている。高架下には駐車場が設けられていたり、お店が営業していたりするところもあるけれど、何もないところは単にコンクリートの打ちっぱなしで町を分断するのよう。大袈裟に言うとベルリンを東西に分断していた壁のように見えてしまうのだ。管理する人たちも殺伐としたものを感じているのか、コンクリートの壁には色が塗ってあったり絵が描いてあったりする。少しでもこの場所を明るいものにしようとする努力を感じる。

しかし明るい色が塗られていても明るいタッチの絵が描かれていても、コンクリートの打ちっぱなしはやはり打ちっぱなしで、日が暮れたらあまり歩きたくはない。無邪気な笑顔が暗闇の中に浮かんでいたら、それはそれで怖い。それに万が一大声を出しても電車の音にかき消されてしまうかもしれない。

そんな打ちっぱなしの壁にくっきりとが落ちていた。影と影の間に昼間の強い日差しが降り注いでいて、壁に塗られた水色が剥げてきているのを指し示しているかのようだった。

ENGLISH
2021年12月 人びと 東京
歩行者 両国 女性

両国ってどこ?

PHOTO DATA

No

12118

撮影年月

2021年10月

投稿日

2021年12月12日

撮影場所

両国 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ