珍しくふたりの男が声をかけてきた

カメラの前で容器にポーズを決めるふたりの男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

ふたりの男がカメラの前で陽気にポーズを決めた

カメラ付携帯電話が普及するまでは、多くの国で写真を撮ることも撮られることもちょっとした非日常の出来事だった。日本だってひと昔前まで、家族の記念日などに町の写真館にわざわざ赴いて記念写真を撮っていた。それと同じだ。そのような中で一眼レフを抱えて町を歩いていると、向こうから写真を撮ってくれと話しかけられることもしばしばあったのだが、もう最近ではそのようなことはほとんどない。

誰も彼もがカメラの付いているスマートフォンを持っている。ここジャカルタでもそうだ。見たところ、ほんとんどの人がスマホを持っているように見える。もう写真はすっかり日常の中に溶け込んでしまっているのだ。

でも中には変わった人もいて、僕がカメラを持っていることに興味を示すひともまだ少ないけれどいる。写真のふたりがそうだ。通りかかった僕が肩からカメラをぶら下げているのを見た二人は、そうしなければならないかのようにポーズを取り出した。そして、写真を撮れと言ってきたのだった。カメラが珍しいというより、観光地でも何でもない場所をカメラを携えた外国人が歩いているのが珍しかっただけかも知れない。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11629

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月06日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ