大きな鍋で唐辛子を炒めていた女性

大きな鍋で唐辛子を炒めていた女性
タイのバンコクにあるサラーナムローン市場で撮影 オザワテツ

大きな鍋は唐辛子でいっぱいになっていた

トンブリー駅の前にある市場は静かだった。ほとんどのお店が閉まっていて、働いている人の姿も疎らだ。市場というと喧騒が付き物だと思っているのだけれど、ここではそれは感じることは出来ない。そんな市場を歩き回っていると、通路の先に人影が見えたので近寄ってみることにしたのだった。人影の正体はエプロンを掛けた女性だった。通路の端に大きな鍋を置いて、唐辛子を炒めているのだった。

鍋の中には唐辛子が山盛りになっている。油まみれになった唐辛子は見るからに辛そうで、見ているだけで汗が吹き出してきてしまいそうだ。女性は大きなお玉を手にしていて、楽しそうに鍋を掻き混ぜている。女性の思ったとおり美味しそうに仕上がっているに違いない。これだけの量の唐辛子を炒めていているのだから、これは賄い甩ではなくて、売り物なのだろう。でも、出来上がったところで、客の姿はどこにもない。女性は客のいない間に下ごしらえをしていたようだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

サラーナムローン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

10717

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年09月02日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ