すり鉢でスパイスを潰す男

すり鉢でスパイスを潰す男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

屋台の男がすり鉢の中にスパイスを入れて潰し始めた

ジャカルタの住宅街の中を歩いていると、屋台が出ていた。GOJEKのドライバーや付近の住人らしき人が買いに来ているのを見ると、この辺りにもコンビニはないようのかもしれない。確かにこの場所に行き着くまでの間、一見もコンビニの姿を見なかったような気がする。コンビニの無い世界で小腹が減ったら、自分で何かを料理するか、写真のような軽食を出す屋台で買わねばならない。料理ができない自分のような人間にとっては由々しき問題だ。

屋台には何も書かれていないので、見ただけではこの屋台が何を出す屋台なのかは分からなかった。どんな料理を出すか興味津々で屋台主を見ていると、男はそそくさと作業を始める。屋台の上に置いすり鉢の上に香辛料を入れて、石とプラスチックのヘラで潰し始めた。さすがは香辛料の豊富な国、インドネシアだ。この国では唐辛子・にんにく・しょうが・胡椒・ターメリック・コリアンダー・ナツメグ・クミンシード・カルダモン・レモングラス・キャンドルナッツなど様々な香辛料が日常的によく使われる。でも、悲しいかな。すり鉢の中にある香辛料で僕に分かるのは唐辛子だけだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11671

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月17日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ