男は車窓の外をじっと眺めていた

メークロン線の車窓から外を眺めていた男
タイのサムットサーコーン県を走るメークロン線の車内で撮影 オザワテツ

メークロン線に乗っていた男は車窓の外をじっと眺めていた

列車は走っているうちにサムットソンクラーム県を抜けて、サムットサーコーン県へと入ったようだった。車窓の外にはあいも変わらずのどかな風景が広がっている。塩田が多い。この辺りは天日干しの製塩が産業になっているのだろう。どの塩田にも水が張られていた。一見すると、放棄された水田のようだ。数ある塩田の中に一切人の姿を見かけないことも、光景を寂しくさせている。この時期のタイは雨季の真っ最中だ。天日干しで製塩するこの辺りの製塩業は閑散期に違いない。あまり乗客の乗っていない列車は、閑散とした塩田の中を進んで行くのだった。

眼鏡をかけた写真の男は、数少ない乗客のひとりだった。おそらく、降車駅が近づいてきているのだろう。男は窓辺に立って窓枠に手を載せながら車窓の外をじっと眺めている。カメラを構えた時、男の向こうには建設中の大きな建物が見えた。

そうこうしているうちに、列車は徐々にスピードを落とし、田舎町の駅へと停車した。そして、予想していた通り、男は列車から降りていった。

EN

サムットソンクラーム県ってどこ?

PHOTO DATA

No

11455

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年03月23日

撮影場所

サムットサーコーン県 / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ