列車の中のサムズアップ

列車の中で親指を立てた男

列車に乗り込んでいた男が親指を立ててくれた

タイのバンコクで撮影。

トンブリー駅へとやっては来たものの、僕は特にこの駅からどこかへ向かうつもりがある訳ではなかった。切符も持っておらず、どのような列車がここから発車するのかでさえ知らないまま訪れたのだった。それはともかく、駅には列車が静かに停車していた。トンブリー駅はバンコク第2の駅であることを考えると、この静かにしている列車もどこか遠いところに向かうのだろう。でも、発車する気配は感じられない。もうずっとこのままここに止まることを決心してしまったかのようだった。

乗客と思しき人びとは、プラットフォームでのんびりしている人もいれば、もう車両の中に乗り込んでいる人もいた。車両に近づいていくと、冷房が無いのか、動いていないのか、窓は全て開けられている。乗り込んだ人びとは開けられた窓から動かない車窓を眺めていた。そうこうしていると、坊主頭の男性と視線が合った。男は僕の持っているカメラにすぐさま気が付き、朗らかに僕に向かって親指を立ててくれたのだった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10721
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年09月05日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年9月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP