女性専用車両

ジャカルタの女性専用車両
インドネシアのジャカルタにあるガンビール駅で撮影 オザワテツ

ガンビール駅に入ってきた通勤列車には女性専用車両が設けられていた

ジャカルタにあるガンビール駅は長距離列車の発着駅ということになっているけれど、ここにやってくる列車すべてが長距離列車というわけではなかった。普通の通勤列車もチラホラとプラットホームに入ってくるのだ。列車が入ってくるたびに自分の乗り込む特急列車かと思って胸が高まるのだけれど、普通の通勤列車だったりして拍子抜けしてしまうのもしばしばだ。

この時入ってきた列車も、やはり何の変哲もない通勤列車だった。ラッシュアワーではなかったからか列車内はすれほど混雑していない。つり革につかまって立っている人はいないけれど、座席はすべて埋まっているくらいの人混みだった。これくらい空いていれば、通勤も楽だろう。

よく見てみると、車体の外にはピンク色のポスターがデカデカと貼ってある。インドネシア語で書かれているので正確には内容がわからないけれど、どうやらこの車両は女性専用車両らしい。確かに車内にいる乗客を見てみると女性ばかりだ。ジャカルタにも東京と同じように女性専用車両が導入されているのだ。

このポスターを見ていると、色の持つイメージは思いの外強烈だとつくづく思う。たとえ内容が分からなくとも、ピンク色で女性のイラストが描かれていると、言葉のわからない僕でもこれは女性専用車両なのではないかと思いを巡らせることができた。これはピンク色が女性を連想させる色という認識がインドネシアと日本で同じであるためだ。ミャンマーでも尼僧はピンクの袈裟をまとっていた。ピンク=女性というイメージは世界共通なのだろうか。

EN

ジャカルタにあるガンビール駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11767

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年12月22日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

鉄道写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF