青色の螺髪の仏像だった

青色の螺髪の仏像
台湾の台南にある大天后宮で撮影
関連する写真

町の中心部にある寺院は周囲を普通の建物に囲まれている。密集地帯に建っているのだ。そのため日本の神社でいうところの鎮守の森に相当するものはないし、境内はそれほど広くない。境内は細長いことが多いように見える。

ここの境内もそうだった。細長い境内の奥の方に行っても、行っても新たな祭壇が現れる。信仰されているのは一神教ではないので、様々な神様がここには祀られていた。現れる神様は多すぎて、どれが何の神様なのはもう分からない。目の前にある三体の坐像も何の神様なかは考えるのも分からない。でも、とても気になる坐像だ。昔は金箔が貼られていたであろう体がボロボロになっているのと対照的に螺髪は鮮やかな青に塗られている。パンクだ。この島にはパンクな神様もいるようだ。

ENGLISH
2017年1月 静物 台湾
台南
台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9997

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年01月08日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

大天后宮ってどこ?

Prev & Next