迫力あるティラノザウルスの骨格模型が階段脇に地味に展示されていた

ティラノザウルスの骨格模型
城西大学水田記念博物館大石化石ギャラリーにあるティラノザウルスの骨格模型
関連する写真

博物館へ続く階段の脇に大きな化石が今にも走り出しそうなかたちで置かれていた。原始的なティラノサウルスの仲間だそうだ。迫りくるような大きな骨格に、これから訪れる博物館に対する期待は膨らんでいく。この日は平河町にある城西大学の水田記念博物館大石化石ギャラリーにやって来たのだ。

足を踏み入れた化石ギャラリーは無料だったのも予想外だったけれど、こじんまりしていたのも予想外だった。外に置かれていた肉食恐竜の骨格標本のようなものを期待していたら、肩透かしを食うに違いない。こじんまりした館内に展示されているのは、どれもこれも比較的小さな魚類の化石ばかり。化石の水族館という人もいるくらい、この博物館のコレクションには魚類化石が多いのだ。

魚類化石のコレクションとしては日本屈指とはいえ、迫力ある大きな化石はなく、学術面よりもビジュアル面を期待してきた僕はちょっと当てが外れてしまった。逆になんで、ひとつだけ迫力のあるティラノサウルスが博物館の外に展示されているのだろうと不思議に思い、恐竜のところに戻って説明書きを読んでみると骨格模型と記載されていた。なるほど。模型だったのだ。だから本物の化石とは扱いが違うのだと腑に落ちたのだった。

ENGLISH
2022年2月 静物 東京
平河町 博物館・美術館 階段

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12185

撮影年月

2022年1月

投稿日

2022年02月23日

更新日

2022年04月04日

撮影場所

平河町 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

城西大学水田記念博物館大石化石ギャラリーってどこ?

Prev & Next