黒田記念館の窓と階段

黒田記念館の階段を上り下りする人影

黒田記念館の階段を人影が上り下りしていた

東京の上野にある黒田記念館で撮影。

上野公園の近くに差し掛かると、角に古い洋館が建っていた。黒田記念館だ。その名が示す通り、この建造物は日本近代洋画の父とされる黒田清輝の遺言によって建てられたものだ。

黒田清輝は17才の時にフランスに留学することになるのだけれど、意外なことに当初は法学を修めるために渡仏したのだという。そして、2年経ってから翻意して絵画を学び始めたらしい。その結果、黒田清輝が日本に持ち帰ってきたのは法学の知識ではなく、当時の最先端の絵画技法だったのだ。黒田清輝の作品は教科書にも載っているから、目にしたことのある人も多いだろう。

古びた玄関をくぐり、記念館の中へと入る。ひょっとしたら、黒田清輝の有名な作品も見られるかも知れないとちょっと期待したのだけれど、やはりそうは甘くなかった。記念館の2階に設けられている展示室に飾られている絵画のほとんどは黒田清輝の作品ではなくて、黒田清輝のフランス留学時代の師匠だったラファエル・コランの作品ばかりだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

黒田記念館ってどこ?

PHOTO DATA

No

11206

撮影年月

2019年3月

投稿日

2019年09月23日

撮影場所

上野 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ