明治神宮の正参道を衣冠姿の勅使たちが歩いていた

明治神宮を歩く勅使
明治神宮を歩く勅使
関連する写真

歴史小説に登場することもあるし、写真では見たことがあるけれど、どこか現実感のない存在だった勅使というものを生まれて初めてこの目で見たのは偶然の出来事だった。何も考えずに訪れた明治神宮で鎮守の森に伸びる正参道を歩いていると、向こうから時代がかった衣装に身を包んだ男たちが、ザッザッと玉砂利の上を進んで来たのだ。衣冠姿の人は参進の儀にもいるけれど、これだけ大勢の人を一度に眺めるのはそうそうあることではない。自分が絵巻物の世界に紛れ込んでしまったかのような気がして圧巻だ。

後になってわかったのだけれど、この日は7月30日、明治神宮の御祭神である明治天皇が崩御された日だった。 明治神宮では明治天皇を敬仰追慕する明治天皇例祭が執り行われる日だ。そのため宮中から幣帛を携えた勅使が明治神宮に派遣されたのだろう。幣帛が何なのかは分からない。けれど勅使の人数は多く仰々しい。これだけ大勢の勅使たちはどこから衣冠を身にまとって歩き出しているのだろう。まさかこの出で立ちのまま、皇居から来たわけではあるまい。明治神宮のどこかで着替えているに違いない。個人的には勅使の人たちがどこからどのように歩きだしているのかが気になってしまった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年11月 人びと 東京
参道 衣装 明治神宮 神社 鳥居
明治神宮で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12403

撮影年月

2022年7月

投稿日

2022年11月25日

撮影場所

明治神宮 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

明治神宮ってどこ?

PREV & NEXT