行天宮の赤い経典

机の上の赤い経典
台湾の台北にある行天宮で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

行天宮の境内にあった机の上には赤い経典が置かれていた

ここ行天宮は関帝廟となっているけれど、道教の寺院と言い切って良いのかどうかはよく分からない。もちろん関羽が祀られているけれど、祀られているのは関羽だけではない。呂洞賓、張単、王善、岳飛に関羽を加えたいわゆる五恩主なのだ。もともとは道教の寺院だったのが、時代を経るにつれて、台湾道教と言うべきものへと変化しているらしい。仏教も儒教も道教もありがたいものには違いないし、参拝に訪れる人にとっては神様が何であれご利益があれば満足だ。

そんな行天宮の中庭には机がいくつも並べられていた。机の上には赤い経典が置かれている。様々な宗教が習合しているここでは、どのような経典が使われているのだろうか。

ENGLISH
2016年12月 静物 台湾
経典 テーブル 台北 寺院

台北の行天宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

9959

撮影年月

2016年9月

投稿日

2016年12月04日

更新日

2020年08月20日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

台北で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ